今、すべての子供たちに伝えたい司馬遼太郎の遺言「この国のかたち」

今、すべての子供たちに伝えたい司馬遼太郎の遺言 「この国のかたち」について-司馬遼太郎-

六部が30有余年、山や川、海などを巡って思わぬ異郷に辿り着いた時、浜辺で土地の者が取り囲み、それぞれに口をきく。「いずれより参られしか」・・・そんな狂言があったと仮定されたい。

日本・・・」と六部がと言っても一向に通用せず、ついには様々に手まね身振りで説明し、挙句の果てには砂地に杖で大小の円を描く。更には、三角を描き、雲形を描き、山の如きもの、心の臓に似たるもの、胃の腑かと思われるものを描くが人々了解せず「そのような国、今もありや」と聞く。既に日落ち、海山を闇が浸す中で、六部悲しみの余り、「あったればこそ、某(それがし)はそこから来ました。」

しかしながら、改めて問われてみれば却って覚束なく、更に考えてみれば日本がなくとも19世紀までの世界史が成立するように思えてきた。隣の中国でさえ成立する。大きな接触と言えば13世紀に元寇というものがあったきりで、それも中国にとってはかすり傷程度であった。もし、日本が無ければ中国に扇子だけは存在しない。が、存在の証明が日本で発明されたとされる扇子だけという事ではか細すぎる。

ともかく、19世紀までの日本がなくてもヨーロッパ史は成立し、アメリカ合衆国も成立する。ひねくれて言えば、日本など無かった方が良かったとアメリカも中国も夜半、密かに思ったりすることがあるのではないか。しかしながら今後、日本のありようによっては世界に日本が存在して良かったと思う時代が来るかも知れず、その未来の世の人たちの参考の為に取り敢えず六部が浜辺に描いた様々な形を書き留めておいた。それが、「この国のかたち」と思って下されば有難い。(1990年文芸春秋より)

日本を代表する歴史小説作家、故司馬遼太郎氏が自著「この国のかたち」を紹介した文章です。子供たちが未だ生まれていない1990年に書かれました。歴史小説を書き尽くした司馬氏は、その晩年を「この国のかたち」を記録する事に費やします。司馬小説の大ファンである私には、これが氏の遺言だと思えてなりません。

文中にある「・・・今後、日本のありようによっては、世界に日本が存在してよかったと思う時代」を作るのは君たちです。氏は日本の未来を次世代の若者たちに託したのです。入学・進学は一つの節目です。司馬氏が期待した「未来の世の人たち」を目指して下さい。

ページの先頭へ