こんなに違う【中学vs高校】どこまで知っていますか?~その②~

この4月から高校生となる新高1生の皆さん!入試が終わって勉強の事は忘れて羽を伸ばしたい気持ちは分かります。けど、皆さんの高校生を楽しく充実したものにできるか否かは実は春休みの過ごし方が大きく影響します。

中学と高校は何が違いますか?という質問を中3生やその保護者様に問いかけると意外と知らない事が多いのが実際の所です。部活が忙しくなる・アルバイトができそう・テストが難しくなる・(義務教育ではないので)留年がある・・とかまでが大半のイメージです。

押さえてほしいポイントは5つ。5回連続で皆さんにお伝えしていきます。

その②>授業内容が急に難しくレベルアップについてです

高校での授業は中学とは異なり、大幅にレベルアップします。受験科目となる5教科は全て大学入試の日程までに広範囲の内容を終わらせなければなりません。しかも最初の授業からどんどん進んで難易度は中学とは比較にならない程高くなります。学校の一度の授業だけではわからない事が多く出てくるので、それを放っておくとその教科は全く手が付けられない状態になってしまいます。塾などの有効利用で繰り返しの説明・解説でリカバリーを考える事も必要です。

ページの先頭へ