新中学生の保護者様への6つのアドバイス ~ その① ~

小学校から中学校へ進学し、子供たちは期待と不安が入り交じった気持ちで4月5月と過ごしてきている事と思います。

中学生活は大人への入り口。保護者の皆さんも同じ経験を経て大人になっているものの、もう随分と昔の事であの頃のご自身を思い出しながら、日々、お子様と接していくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

中学に進学したら何に心がければ良いのか、学習面を中心に6回シリーズでお伝えしていきます。
1回目の今回は、「自己管理が大切な中学生活」についてのアドバイスです。

中学生になると部活や課外活動などを通じて人間関係や活動範囲が格段に広がっていきます。こうした多忙な毎日の中では自己管理が大切になります。勉強に手が付かなくなるのではと心配する保護者さんも多くおられるようですが、実際には諸活動に積極的に取り組む子は勉強の面でも積極的なケースが多いので、可能な限り積極的に参加させて下さい。

生活面全般が充実してくるのですが、一方で授業時間や宿題も増えてきますので時間を有効に使う為の自己管理の第1歩をどうするか考えてみましょう。学校の授業を疎かにしない事(授業中に理解すれば復習の時間はいりません)や、更に塾に通う事で学習管理まで効率的に行うことができます。

2回目の次回は「定期テストは学習スタイルを作るもの」についてのアドバイスです。

ページの先頭へ